よくある質問

  1. HOME>
  2. 採用情報>
  3. よくある質問
よくある質問

よくある質問

トレーナー・トレーニー制度

トレーナー・トレーニー制度とは一体なんですか?

課へ配属後、先輩社員が公私にわたり新人営業社員をマンツーマンで指導し、瀧定マン・ウーマンに育成していくことを目的とした制度です。
期間は1年間。この間に、先輩社員の商売のスタイルをじっくり学んでください。 同じスタイルで営業している社員はいません、10人いれば10通りの商売のスタイルがあります。
就職活動と同じで、いろいろなやり方が比較して見られる機会です。

課別独立採算制とはなんですか?

課別独立採算制

瀧定名古屋の人材論を端的に語るのが「課別独立採算制」です。
これは、各課にひとつの企業のような機能を持たせたもので、売上・利益目標から企画・生産・販売の戦略まで課で決定します。
リーダーである課長には、人事権以外のすべての決裁権が与えられており、言わば経営者感覚を持った企業内起業家。
会社の歯車ではなく、会社を動かす軸となって多彩なチャレンジを繰り広げていきます。
タキサダにとってポストは組織ではなく、あくまでも人。ポストが空いたから課長に昇進するのではなく、それ相応の力量を備えたからこそ課長になる。
それゆえにタキサダでは、のれん分けによって新しい課が誕生し、若くして課長になる者も少なくありません。

課により特色があることはわかりましたが、
この課で働きたいと希望を出せば、そこに配属にされることは可能ですか?

まず、配属の流れとして、入社後研修でいくつかの課をまわってその課のやり方を体感して頂きます。
その後希望を取りますが、本人の希望、課長の希望、今いる社員とのバランス、適性など多面的に考慮し、最終は会社側で決定します。

社内はどのような雰囲気で仕事をしているのですか。

普段社内では部長、課長でも「○○さん」と呼びます。
これは瀧定のフラットで風通しの良い人間関係があるからこそ。
年齢、役職という枠に縛られることなく、「同じ土俵で話ができる」瀧定のよい企業風土であると思います。
雰囲気はとにかく堅苦しくなく、名古屋の堅実という気質を持ちながらも、個人の多様性を受け入れる人種のルツボのようなところです。
とにかく自分が「やりたいこと」がある社員にはチャンスが与えられ、物おじせずにどんどん積極的に仕事をすることができます。

転勤はありますか?
あと出張が多い会社だと聞きましたが、どれくらいの頻度で出張があるのですか。

転勤はありません
全員名古屋本社での勤務になります。
しかし、商売のフィールドは名古屋だけではないので全国各地への出張があります。
現在の取引先がおよそ関東6割、関西3割、名・岐・その他地区1割なので、自分の担当地区に週のうち3日は出張へ出掛けます。
東京担当の婦人服地営業の場合だと、月曜日AM名古屋で会議、火曜日の夜東京へ(連絡所近くのホテルへ宿泊)。水曜日~金曜日東京にてお客さんまわり、そしてまた月曜日は1週間分の報告、連絡、相談のため名古屋で会議といった感じです。
部門によっても、課によっても違いますが、「これが、1日、1週間の予定です。」というものが決められていないので、あくまで一例です。

セミナーに参加して総合職と一般職を迷っています。
何かアドバイスを頂けないでしょうか。

考え方として、こういうのはどうでしょうか。
瀧定は「まずは人ありき」です。
瀧定さんという人はいません。
瀧定の中にはそれぞれの特色を持った課があり、それを支えているのはそれぞれ個性を持った課員です。
瀧定の色に合わせるのではなく、自分の個性を瀧定にプラスしていくのです。
だからやりたい事があれば課長の責任の下、チャレンジさせてくれます。
誰かのために何かをするのではなく、「自分はこうしたい!だから、じゃあ今何をする?」と考え、人を説得し、モノを作り、他人と勝負し、商売していくのが営業職。
そういった営業活動を社内でサポートし、滞りなく進むように手続きを行っていくのが一般職。
一般職には、コミュニケーション「1を聞き、10を知る」能力。
きめ細やかでスピーディな対応を期待しています。
どちらにも共通して必要と言えることは、能動的に仕事をしていく気持ちです。

社員寮はありますか。

社員寮はあります。
名古屋市名東区にある「瀧定名古屋東山寮」は5階建て男子寮で、
2000年2月竣工のきれい建物です。
寮では仕事以外の時間でも交流があり、若手の団結力を生んでいます。
年に1回寮会があり、寮生のコミュニケーションの場として好評です。
(管理人さんの手作り料理&ビールで毎回とても盛り上がります。)
名古屋市中村区にある「中村寮」は女子寮で12室あります。

部活動はありますか。

現在活動している部活動は、テニス、野球、ジョギング、サッカー、バスケットボールです。
競技によって大会に参加したり、みんな楽しくをモットーに活動をしていたりと、千差万別です。

トップへ