「自分が好きなことだけでは社会で
は通用しない。」お客様とのコミ
ュニケーションの中からやりがいと
成長を感じることが出来る。

総合職

原料素材部 原料素材 19課

2007年入社

峰浦 大樹

Daiki Mineura

瀧定名古屋を選んだ理由

私の場合は、最初から繊維商社に入社したかったので業界研究、企業研究をし、まずは業界を知ることから始めました。様々な繊維商社の会社説明会に参加し、自分が納得行くまで質問、検証、行動を繰り返しました。 「仕入、生産、販売、物流を1人の営業が完結出来る」これが瀧定名古屋に入社する決め手の一つで、さらにOB訪問をした際にその人の言った「商売するには自分を売る」という言葉が入社の決め手になりました。

仕事の内容

社内、社外の紡績メーカー、ニッターへ原料、糸の販売をしています。さらに社内に新たな自家生産サプライチェーンを構築中です。瀧定名古屋は繊維商社の中でテキスタイルのリーディングカンパニーであり、どんなアパレルにもアプローチ出来るので、原料、糸でもブランドを作り、それらの織りネーム、下げ札をデザインし、展示会等を通して糸を販売しています。 売れる先があれば国内に留まらず、海外のどの国にも活躍の場を求める事が出来るので、現在、海外展開を加速中です。オランダやベトナムに現地法人を立ち上げ、販売、生産の両面で将来の成長に向けた基盤固めを勧めています。

心がふるえたエピソード

「峰浦さんだから買う」と言われる得意先が増え、やりがいと成長を感じています。また、原料、糸を購入されるお客様は会社のトップが多いため、対応するための心構えてして、プロ意識を常に持ち接しています。それと社内の営業マンすべてがお客様であり、社内向けの新たなサプライチェーン構築へもチャレンジしています。このような日々の営業活動において「自分が好きなことだけやっていては社会では通用しない」こと、さらに様々な場面でバランスを取ることが大事だと感じる毎日です。

今後の目標

原料、糸、生地、製品すべてを販売出来る営業マンになりたいと考えています。それには計画と実行をイコールにするため、主体的に物事を考え行動するようにしています。また、海外でのコミュニケーション能力の向上を目指し、英語以外に中国語を習得したいと思っています。

学生の方へのメッセージ

大事なことは「どんなときでも素直で前向きに、うそをつかないこと」 今でも「商売するには自分を売る」と教えてくれた先輩の言葉が響いています。

1週間のスケジュール例

Mon. 打ち合わせ&事務処理
Tue. 海外出張
Wed. 海外出張
Thu. 海外出張
Fri. 打ち合わせ&事務処理
OFF 家で本を読んだり、友達と食事をしています。