ターゲット層と同じ目線で
自分がときめく色、
着用感を大切に。

総合職

婦人服地部 婦人服地 81課

2016年入社

兼元 沙知

Sachi Kanemoto

瀧定名古屋を選んだ理由

私は幼いころから海外と関わる仕事がしたくて、高校生の時にカナダへ3年間留学をしました。就職活動でも「海外と早く関わりたい」「フットワーク軽く仕事をしたい」という2点の理由から、それが可能なイメージの強かった商社に絞って就職活動をしました。総合商社や鉄鋼、薬品の専門商社など、さまざまな分野の商社を受けていくうちに、一番自分が身近に感じられた商材が「繊維」でした。学生時代は頻繁に旅行をしていたので、あまりファッションにお金をかけるタイプではありませんでしたが、特別な日には特別な服を着たいし、新しい服を買うと気分が上がります。他業界と比べて自分にとって繊維を扱う仕事の方が断然イメージしやすかったので、最終的には繊維商社に絞りました。 そして瀧定名古屋への入社の決め手はフィーリングです。どの面接よりも話しやすく、自分が話したかったことを面接官の方がうまく引き出してくださったという印象です。とてもスムーズに進み、何か特別に合うものを感じました。

仕事の内容

私は入社して婦人服地81課に配属されました。81課はポリエステルやレーヨン、ナイロンなどの合成繊維に特化した「合繊課」として、北陸地方など主に国内メーカーで生産した生地を、国内はもとより海外のアパレルブランドにも販売しています。そこで私は主に日々の営業活動に加えて、生地の見本帳となるブック帳の発注・管理を任されています。ブック帳はお客様にお配りする大事な商売道具です。膨大な生地サンプルを新色が出たらいち早く反映させるなど、正確さとスピードが求められるなかで業務をこなしています。また、若手女性営業という個性を活かし、生地をどんな色にするのか色付け作業も担当させていただいています。 営業としてお客様の担当を任されてまだ数ヶ月といった段階ですが、一つひとつの積み重ねが信頼関係につながると実感する日々です。初めてのクレーム対応では、先輩方の知恵を借りながら上手にお客様と仕入れ先両方と交渉し、生地をなんとか納品することができました。先輩から交渉術を盗みながら成長していきたいと思っています。

心がふるえたエピソード

私が販売する生地のメインターゲットは20代半ばのキャリア層女性。生地の色を考える際には、ちょうど私ぐらいの年齢層の人がときめく色をつけた方がいいのではないかという思いがあります。そして自分がいいなと思って付けた色が実際に形となり、その色が商談中にお客様に褒めていただける時が今1番やりがいを感じます。また自分たちの課が手掛けた生地の服を着て、取引先へ出かけることもよくあります。着用感や洗濯をしたときの乾き具合についてなど、実際のエピソードを交えながら商談ができるので、お客様との話が広がりますし、男性にはできない女性社員ならではの特権かなと思っています。 また自分が提案した生地が製品になって店頭に並んでいるのを見るのはモチベーションになります。納品時には生地でしか見ていなかったものが、店頭では実際に服として販売され、それが可愛く仕上がっているとうれしくて。店員さんが「それ、すごく売れていますよ」と声をかけてくださると、平静を装いながらも心の中ではシメシメという思いになります(笑)。

今後の目標

日本の合繊のクオリティは世界一とも言われており、他の課と比べて81課は輸出の売上が高いのが特徴です。中国や欧州、アメリカに向けて販売し、なかには誰もが知っているような世界的なハイブランドからも依頼を受けています。現在私は主に国内の営業を担当していますが、今後は海外販売に携わることを目標にしています。そのためにもまずは生地の知識を増やすことと、そして海外のお客様も納得させられるようなプレゼンテーション力を身に付け、国内の売り先でしっかり修業を積んでいきたいと思っています。

学生の方へのメッセージ

瀧定名古屋は商品に対して一人ひとりの意見を取り入れてもらえることが多く、若いうちからモノづくりに携わっているという感覚が強く持てる会社です。営業としては自分自身がお客様に売れると思うものをつくるので、お客様が欲しいタイミングより先に試作を行い、モノをつくり上げていかなければなりません。そのため、日々の情報収集やトレンド予想の感覚は非常に重要になってくると感じます。私もコレクション情報をチェックしたり、こまめに店頭リサーチをしてトレンドの流れを掴んだり、女性としての感性を活かしながらアンテナを常に高く張ることを心掛けています。 就職活動は恋愛に似ているとよく言われますが、本当にその通りだと思います。フィーリングを大切にしつつ、いろいろな企業を見て、自分に合った会社を見極められるように頑張ってください!

1週間のスケジュール例

Mon. AM:課内会議、PM:メール処理、台帳チェック、カラー出し、サンプル帳発注など
Tue. 東京出張
Wed. 東京出張
Thu. 東京出張
Fri. メール処理、商談で選ばれたサンプル出荷、電話応対など
OFF 家でゆっくりするのが好きなので、寝たいだけ寝て、ひたすら部屋で映画を観ています。夜は同期や友人と飲みに行くことが多いです。外に出た際は合間を見つけて、買い物がてらにマーケットリサーチをしています。