自分が手掛けたコートを街で
見かけ、商品のヒットを体感
できる楽しさがあります。

総合職

紳士服部 紳士服 51課

2013年入社

楊 若雯

Jyakubun Yo

瀧定名古屋を選んだ理由

就職活動では自分自身の働き方の軸や性格上の短所・長所をしっかりと踏まえた上で、自分の語学力を活かせ、自ら物事を考えて行動できる業種を中心に探しました。8歳の時に中国から日本へやってきた私は、語学力だけではカバーできない中国人の国民性や考え方といった部分での橋渡し役が自分にとって一番のポテンシャルになるかと思い、アピール要素としました。 そして地元で働きたい・転勤はしたくない・経営状況の安定という3点を重視すると、瀧定名古屋がおのずと上位になりました。最終的に瀧定を選んだ理由は「最初に内定をくれたところに就職する!」と決めた自分のルールもありましたが、人事の方々や先輩方の気配りが一番の決め手となりました。思い返すと、面接前のさりげない雑談の中で話そうと思っていることを引き出してくださり、面接時に落ち着いて望むことができたのだと思います。

仕事の内容

紳士服51課はメンズのドレスコートを専門に取り扱っています。取引先は紳士服のロードサイド店が主となりますが、近年は市場の流れに合わせてセレク ト系ブランドやレディース向けの分野も課として少しずつ攻めています。51課の営業は大半が男性のため、レディースのコートについては女性の私に全面的に任 せていただいています。 私の主な業務は、得意先に提案する生地やコートの型を考え、製品にして提案することです。受注をいただいた後は納品するまで、工場と得意先の間を取り持ちます。瀧定名古屋では生地の色や糸の色を決めるのも営業の仕事。「量産指図」と言って、工場へ生産依頼をするために糸の品番、色などを表に入力して指示書のようなものを作成しています。自分の作成した指図に合わせて縫製をしていくため、間違えないよう細心の注意を払わなくてはいけません。また、納期までの間には多くの打ち合わせがあり、問題が起きた場合は納期の交渉やコストの交渉など、一つひとつ問題を解決していきます。 社内では課の先輩や受注した商品を形にしてくれるパタンナー、事務職のスタッフと連携して業務を進めるのはもちろんのこと、他の部や課の営業とも交流し、トレンド傾向や業界動向などの情報交換も行っています。

心がふるえたエピソード

規模の観点からすれば、瀧定名古屋のメンズコートは日本で3本の指に入り、年間約40万点のコートを生産、取引額にすると年間約35億円の仕事を現在営業6人で回しています。毎日時間と判断を迫られ、扱う金額も大きく、正直プレッシャーもあります。今も多くの失敗をするし、まだまだ成長過程ですが、やはり仕事のやりがいは大きいです。なかでも一番やりがいを感じる時は、街中や電車で自分が手掛けたコートを着ている人を見かける時ですね。うれしくて、ついつい目で追ってしまいます。また、コートは企画の立ち上がりから商品化されるまでおよそ1年間を要します。来年に向けた商品提案のタイミングと今年の新作コートが店頭に並ぶタイミングはほぼ同時期。そのため、お客様と来年の商談をしながら、「あのコート、すごく売れてるよ」と教えてくださるので売れ行きも体感できるし、今打ち合わせしている商品がまた次の数字につながっていくのがとても楽しく、一番好きな時期でもあります。

今後の目標

各アパレルブランドや量販店様などから「コートのことなら51課」と信頼をいただいています。そのネームバリューとともに、営業としてお客様から私自身を信用していただけるように取り組んでいきたいです。中国やASEAN地域への海外出張にも行きますが、母国語である中国語を積極的に使って現地の工場担当者とも意思疎通を図るようにし、お客様から依頼された商品をより良いものに仕上げられるように心掛けています。 私は入社当時より紳士服部の女性営業として一番長く働き続けること、そしてその他の営業よりも売上げをつくることを目標にしてきました。仕事はもちろんなのですが、プライベートも充実させ、物事を効率的に進めることを意識しています。入社し5年目となり、今はまだまだ踏ん張り時ではありますが、一つずつ乗り越えながら、しっかりと後輩の面倒も見ることができる先輩になりたいと思っています。

学生の方へのメッセージ

瀧定名古屋では、店頭リサーチから生地の開発、商品企画や提案にいたるまで営業が一貫して行っています。正直、仕事量が多くて大変ではありますが、考え方を変えれば、自分の裁量が大きく、自分の好きなようにやることができます。瀧定名古屋は「自由に、でもしっかり結果も出したい!」という人には、面白くてしょうがない会社だと思います。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。ぜひお待ちしています。

1週間のスケジュール例

Mon. 午前中は会議。午後はメール処理、電話対応、仕入れ先との打ち合わせなど
Tue. 量産指図の作成、サンプル指図の作成、パタンナーとの打ち合わせ、提案用サンプルや生地パターンの準備
Wed. 出張
Thu. 出張
Fri. 事務処理など
OFF 土曜の夜は思いっきり飲むことも。日曜はしっかり寝て、家の掃除や読書、買い物などをしてのんびり過ごしています。