人事担当者メッセージ

  1. HOME>
  2. 採用情報>
  3. 人事担当者メッセージ

人事担当者から学生のみなさんへ

「瀧定名古屋の社是は何ですか」といったご質問を、会社説明会の際によく学生さんからいただきます。
「うちには特にありません」――極端な言い方になりますが、そうお答えしています。

繊維専門商社である瀧定名古屋には、「メンズ テキスタイル」「レディース テキスタイル」「メンズ アパレル」「レディース アパレル」と、大きく分けて4つの営業部門があり、各部門にはそれぞれに異なる業界の風土というべきものが存在します。
それだけに、各部門に適応した業界の考え方、動き方を、柔軟に捉え、対応していく必要があります。
ですから単純にひとつの言葉で括ることは、あえてしません。
当社に"社是"がないと言うのは、つまりそういうことを意味します。

人事担当者

しかし、瀧定名古屋で働く人にはすべて「瀧定人」とも言うべきひとつの共通したスタンスがあります。
それは「ひとりひとりが自ら考え、自ら行動する」ということ。

瀧定名古屋は基本的に自由度の高い会社です。
仕事の内容、進め方において、かなりの部分で個人の判断や意思決定が色濃く反映されており、たとえ入社1年目の社員であっても、個人に委譲されるフィールドは非常に大きなものがあります。
当然ながら、「自由」には必ず「責任」と「リスク」が伴います。
しかしそのふたつに正面から向き合える人であれば、必ず大きな果実を手にすることができます。

「瀧定名古屋が求める人材は?」というご質問もよくいただきます。
「いろいろな人材です」――こちらもまた、そうお答えせざるを得ません。

世の中がそうであるように、瀧定名古屋の中にもいろんなタイプの人間がいます。
いわゆる優等生タイプもいれば、少し周囲からはみ出している変人タイプ。
地道にコツコツ努力する人間、「オレがオレが」と主張の強い人間。
瀧定名古屋では、お互いがその違いを認め合い、あるときは補い合い、あるときは刺激し合いながら、団結したチームとして仕事に取り組んでいます。

ここには、誰もが「自立」した人間として、お互いを尊重しあう環境があるのです。
誰でも必ずどこか光るものを持っていて、しかも光る部分はみんなそれぞれに違うのです。

人事担当者

「自由」と「自立」。
瀧定名古屋の"社風"をあえて言うならば、そこに象徴されるかもしれません。
そうした風土の中で、個々が「自ら考え、行動する」ことによって、取引先の要望や期待に対し常に敏感かつ迅速に対応できる集団、それが「瀧定人」のあり方です。

昨今、企業によっては採用中止の年度もあったりするなかで、当社はこの30年来、毎年少なくとも十数人を新規に採用してまいりました。
なぜなら、瀧定名古屋は「人」が命の会社だからです。「人」がいなければ、未来はありません。
私たちは、"未来をリストラする"ことだけは、決してしませんでした。

みなさんは、ぜひ私たちにこう思わせてくだい。
――「この人とだったら、お互いを認め合い、一緒に仕事をしていけるだろうな」と。
あなたを大いに語ってください。

特別な体験談を求めているわけではありません。
日常の、例えばアルバイトの経験があるならば、どこまでそれを掘り下げて語れるか、そのとき何を感じ、その経験を通じて自分の視点がどう変わったか、それをあなたの言葉で伝えてください。
上手い/下手は関係ありません。素直に、素のままの自分を出してください。
それが相手に自分を伝える近道だと思います。

それはつまり"発信力"であり、"自分をプレゼンテーションする"能力です。
それはそのまま、お客様に商品や自分を売り込むことにストレートにつながっています。
私たちが一緒に仕事をしたいと思うのは、そういう魅力を持った人であり、そんな人とであれば、間違いなく良い関係を築いていけると思います。

共に、大きな果実を手にしようではありませんか。

トップへ