ニュース

  1. HOME>
  2. ニュース
2014年7月9日 クラフト、エスニックにスポーツ融合「エッジクラフト」掲げ
  • 繊研新聞 2014年7月31日

    瀧定名古屋紳士服地
    プリントなど柄物提案/瀧定名古屋15年春夏向け紳士服地、上品な着崩し

     瀧定名古屋は、15年春夏向け紳士服地でカジュアルを中心にした
    「エフォートレススタイル」をテーマに、ジャケットにハーフパンツなどの
    上品な着崩し感に合う素材提案を強化する。
    クールな色調のチェック柄や、エッジの利いたジオメトリック柄などをウールなどにも
    プリントで表現する。

    色はブルーやグリーン、白、薄いパープル、薄いピンクなど
    穏やかな印象のパステルカラーが中心。
    素材は、クラス感のある上質なもので、遠目から見ると無地に見えるチェック柄や
    シャープなジオメトリック柄が主力となる。
    継続して人気の高い麻は少し前にピークを迎えて落ち着いてきており、
    ウールやジャージーへの注目が高いという。

    スタイリングでは脱力ドレッシースタイルとしてはっきりした柄物ジャケットと、
    無地調ハーフパンツの組み合わせに期待する。
    モダンなアラベスク紋様やマイクロジオメトリック、ファンシーなクレストなどで表現する。

    そのほか、無地調ジレや柄物ブルゾンのセットアップにも出す。
    モード調のバティック柄やナイロン系コーティングのチェック柄のブルゾン、
    白の二重織りやミニブロックのジレ、タイルや壁紙モチーフのパンツなどがある。

    濃紺とシルバーグレーと白の”モードトリコロール”の配色も注目される。


  • 繊研新聞 2014年7月9日

    瀧定名古屋婦人服地
    クラフト、エスニックにスポーツ融合「エッジクラフト」掲げ

     瀧定名古屋は15年夏向け婦人服地で、「エッジクラフト」をテーマに据える。
    手の込んだクラフト感や上品なエスニックテイストを、スポーツのムードと
    融合しながらタウンウエアに落とし込む。

     スタイリングの軸はメッシュ調。
    先行企画で経編み中心に引き合いが強く、定番のラッセルレースに加えて、
    カラミ織やジャカード、パンチングなどのファンシーな織物を拡充した。
    アッパーゾーンを意識したシックで上品なエスニック柄と組み合わせ、
    夏のリラックススタイルを提案する。
    素材は清涼感を重視し、強撚タイプや麻を増やした。
    パリパリとしたペーパーリータッチの人気が高まっており、ウレタンコーティング
    や細番のタイプライター、オイル加工でハリ感を足した素材も推す。
    人気が続くパイルは、杢を粗引きにして変化を出す。
     
      カラーは、トレンドのホワイトのバリエーションとブライトカラーを充実。
    新たに打ち出すのが、染色加工のシオンテックと提携した草木染め「ヒーリングダイ」。
    川上特化の開発プロジェクト「マスター・オブ・クリエーション」から発信する。
    少量の化学染料を配合することで、ポリエステルやキュプラなどの長繊維も
    ムラなくきれいに染まり、長繊維の光沢と植物染料のやさしい色合いの共存を可能にした。
    15年春夏は、アロマやリラックス感を連想させる植物を選定し、約20色の織物を揃えた。
    今後、ジャージーにも広げる。


トップへ