ニュース

  1. HOME>
  2. ニュース
2月5日 瀧定名古屋13-14年秋冬紳士服地 同色で素材切り替え
  • 繊研新聞 2013年2月5日

    瀧定名古屋13~14年秋冬紳士服地 同色で素材切り替え

     瀧定名古屋の13~14年年秋冬向け紳士服地は、コンテンポラリースタイルでブルー系の色とと
    もに同色系の切り替え素材を強化する。ブルー系は黒を意識したダークなトーンが中心でパープル
    など赤みのあるエレガントな色を差す。生地は素材や色、柄などの切り替えが主流となるが、同色系で
    素材の表情を変えたり、無地同士で組織を変えたりと、これまでのような極端な切り替えよりも
    落ち着いたタイプが増えそうだ。
    新しい表情の艶や光沢も注目される。光沢といっても従来のギラギラしたものでなく、起毛した生地に
    表面を加工し、鈍く沈んだ光を放つイメージ。このほか、ミニマルイメージのボンディング素材や
    包み込むようなダブルフェイスも充実する。
    これらの生地を合わせるスタイリングで注目されるのは、ダークカラーでコンパクト丈のセットアップ、
    素材切り替えのコート、フェイクレイヤード仕様のダウンジャケット、バルキーニットアウターなど。
    ボトムは腰回りにゆとりがあり裾に向かってテーパードした細身の2タックパンツ。雑貨では中折れ帽が目立つ。

     

トップへ