ニュース

  1. HOME>
  2. ニュース
2011年7月28日 瀧定名古屋 紳士服地部門 1色1反から人民元決済 繊研新聞
  • 繊研新聞2011.07.28

    瀧定名古屋 紳士服地部門 1色1反から人民元決済

    中国で生地をブック販売。
    瀧定名古屋の紳士服地部門は、中国内で生地のブック販売を始めた。
    「ビアトーレ」と名付けたブック1200冊を配布し、1色1反単位から販売している。
    ブック販売するのは全て、同部門が中国でオリジナル開発した生地で、原料
    使いから製織、仕上げまでこだわった「メード・バイ・タキサダの品質」を提供する。
    3年後には年商5億円を目指す。
    同部門は内販対策として、日系やローカル系のアパレルメーカーに対してドル決済での生地
    販売を行っているが、人民元決済による在庫販売のスタートで中国市場向け生地販売を拡大する。
    ビアトーレはメンズ、レディスのジャケット、コート、パンツ、シャツなどトータルアイテムを対象に
    カジュアル素材を集めた。綿100%のほか、麻やナイロン、ポリエステル、差別化セルロース繊維
    「テンセル」などの化合繊複合を合わせた綿素材が中心だ。一部では透湿、防水、蓄熱などの
    機髄素材も組み合わせた81品番もブックに収めている。同社では早い段階でブックの品番数を
    200まで拡大する計画。価格は1㍍当たり15~90元。中心価格帯を30元に設定している。
    同社の中国法人、瀧定紡織品上海有限公司が3人の専任担当を置いて販売し、
    10月の国際素材展インターテキスタイル上海でも紹介する。

トップへ